ひき逃げや当て逃げをされてしまったら


こんにちは!

京都市右京区 嵐電常盤駅前にある

ときわ整骨院です。

 

今回はひき逃げや当て逃げをされてしまったら

どうすればよいのか?についてお話します。

 

万が一ひき逃げ、または当て逃げをされてしまったら

相手方が不明だから、治療費などの補償は

受けられないのでは?とご不安に思われる方も

おられるかと思います。

 

でも実はひき逃げや当て逃げのような

交通事故でも補償を受けることができるのです。

 

 

政府補償事業制度という制度で、

加害者が無免許運転等の理由で自賠責保険に入っていない、

ひき逃げや当て逃げで加害者がわからないというような

場合に自賠責保険とほぼ同額の補償をしてくれる制度です。

 

ひき逃げや当て逃げというとすごく大げさに聞こえるかも

しれませんが、実は案外多いものです。

 

実際に患者さんの話ですが、

後ろから来た車が徐行運転で、すぐ横を通っていって、

その時にサイドミラーが自分の脇腹に当たったけれど、

車は気づかなかったのかそのまま行ってしまった。

その後数日痛みが引かなくて、レントゲンをとったら

肋骨が折れているという診断をされた・・・といった話を

聞いたことがあります。

 

車側からしても、目の前に突然人が飛び出してきて

ひいてしまった。被害者は道路に倒れて血がでている・・・

というような分かりやすいものだと事故が起きたと

認識しやすいのですが、通行人が倒れたりよほどの

大きな音がしない限りは分からないこともしばしば。

もちろん通行人が信号無視をしていないか、

車道側にはみ出したりしていないかなど、

被害者側の落ち度も考慮されますが、

きちんと交通ルールを守っていたのに、

そんなことになってしまっては大変ですよね。

 

右京区花園交通事故・花では具体的にはどうしたらよいのかを解説します。

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェックすぐに警察を呼んで、交通事故証明書を発行してもらう。

相手の車の車種、色、ナンバーなどはできる限り覚えて

伝えたり、周りに目撃者がいたら証言してもらいましょう。

また、防犯カメラなどがあれば証拠として提出してもらう

ことができます。

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェック病院に行って診断書をもらう。

病院に行き、レントゲンを撮るなどの検査を受け、

診断書をもらいます。

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェック警察に診断書を提出する。

これで人身事故が発生したという手続きが完了します。

 

通常の交通事故の手続きと大きく変わらないのですが、

重要なのは目撃者の確保や、車の特徴を覚えているか

否かというところです。

 

普段から交通事故に気をつけて過ごしてもらう事は

もちろんですが、こういった万が一のことを覚えて

おくと、とっさに慌てずに済むので覚えておいて

くださいね。

 

 

>