交通事故に遭ってしまったらなにを注意すればよい?そのポイントは!


こんにちは。京都市右京区のときわ整骨院です。

毎日日差しがきつくなってきましたね。

夏場は交通事故も多くなるのですが、皆様はご存知ですか?

夏は、一日の日が出ている時間が冬に比べて、長くなっています。

日が長く、外が明るいので、外に出かける方が多く、

そのため、交通量も多くなっており、交通事故の件数が多いといわれています。

 

さらに夏休みということもあり、子どもが夜でも道を歩いていて

急に道路に飛び出したりすることも良くありますよね?

その結果、子どもさんとの事故に繋がることが多い季節だと言われています。

 

また、今の時代、車が私達の生活には、必需品となっており、

遠方へ出かけたりも車で行かれる人が多いため、

いつ交通事故にあうかわからないぐらい、交通事故と私達の日常は

隣り合わせになっているといっても過言ではないです。

 

 

 

ただ、どんなに注意をしていても、交通事故も起きるときはあります。

それに突然の交通事故。どうしたら良いのかわからなくなる人が大半です。

なので、注意するポイントも整理してみました。

注意するポイントとしては、大きく分けて4つになります。

 

①警察への交通事故の届けを出しましょう!

京都市右京区常盤交通事故・ハート交通事故が起きたことを、公的に証明する必要があります。

京都市右京区常盤交通事故・ハート相手の方(加害者、被害者)との示談交渉や治療費の交渉、

話し合いがもつれない為など、全ての基本となります。

京都市右京区常盤交通事故・ハートその時どのような事故があったかは、ありのままに伝えましょう。

 

②病院への受診と診断書の作成をしておきましょう!

京都市右京区常盤交通事故・ハート事故のときに、もしケガをされている場合は、病院に受診して、

お医者さんから診断書をいただいて下さい。

京都市右京区常盤交通事故・ハートそのときに、今回の交通事故で、どこをケガをしたのか正確に伝えて、

その内容を正確に診断書に記載してもらって下さい。

京都市右京区常盤交通事故・ハートこれをきちんとしておくことにより、加害者の方との治療費負担の交渉がスムーズに行えるので、

病院への受診と診断書を作成してもらうことをして下さい。

 

③医師との治療計画や終了時期の相談を行う!

京都市右京区常盤交通事故・ハート事故から一定の時間が経過すると、加害者側の保険会社からは、

「症状固定」として治療費の打ち切りの連絡がされることが多くあります。

(これ以上治療を継続しても症状の改善がされない状態になることを「症状固定」と言います。)

京都市右京区常盤交通事故・ハートこれに備えて、お医者さんとの間で、綿密に治療計画や終了時期の相談を行う必要があります。

京都市右京区常盤交通事故・ハートご自身のお身体の状態について、常にお医者さんとの間で共通認識をもつよう、

受診時にきちんとお医者さんにご相談下さい。

 

④示談書にサインをする前に

京都市右京区常盤交通事故・ハート示談解決の内容は一つではありません。

京都市右京区常盤交通事故・ハート弁護士に依頼することで、示談金が増額されるケースも多くあります。

京都市右京区常盤交通事故・ハート示談書にサインされる前に、弁護士に相談されることをオススメします。

 

大きく分けるだけでもこの4つですが、実際は突然のことに困ること戸惑うことになると思います。

まず遭わないのが一番なのですが、もし交通事故に遭ってしまった場合、

当院は交通事故の専門治療も行なっていますので、

京都市右京区常盤にあるときわ整骨院にご相談してもらえたらと思います。

いろいろ書いてしまいましたが、まずは交通事故に遭わないようにと、

遭ってしまった場合は身体のことを治すことを考えていきましょう!

 

そして、毎日のこの暑さ!これこそが夏の交通事故を招く最大の原因にもなります。

車内には、エアコンがもちろんついていますがそれだけでは、快適といえるほど涼しいわけではありません。

ドアの開け閉めをするだけでも、外の熱気が車の中に入ってきますし、熱中症にもなりやすいのです。

熱中症になると、運転中に意識が朦朧としたり、吐き気がしたりと自分では気づかない間に

熱中症の症状を起こしている場合が多いのです。

あるいは、熱中症になっていなくても、日中の炎天下の暑さで体力が奪われてしまうので、

運転中の集中力が低下したり、身体のだるさやしんどさから、

居眠り運転をしてしまったりと、暑さによっての体調不良からの交通事故が多いのです!

 

普段と同じように運転をしていても、思わぬところで交通事故に巻き込まれたりするので、

特にこの暑い時期は、注意して車を運転して下さい。