交通事故に遭ったとき、初めになにをしたらいいの?!


こんにちは!京都市右京区にある太秦ときわ整骨院です。

毎日日が長くなってきましたね。交通事故の事件もニュースで見かけることが増えました。

今回は、交通事故に遭った時に最初にしなければいけないこと、また現場では

なにをしたらいいのかをお伝えしますね。

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェックまず、交通事故に遭ったり起こした場合、当事者(加害者)に義務付けられている事が

3つあります。(道路交通法72条)。

これを怠ってしまうと罰金または懲役が課せられるので注意が必要です。

人の死傷を伴う交通事故の発生後、ケガ人の救護や道路上の危険を防止することなく、

事故現場から立ち去った場合は「ひき逃げ」となり、10年以下の懲役または

100万以下の罰金となります(道路交通法117条)

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェックケガをされた人がいないかを一番に確認して下さい。

もしケガをされたかたがいる場合は、速やかに救急車を呼ぶこと。

もちろん止血等の応急処置もできればしておきたいものですが、頭部を負傷している場合も

あるので、むやみに動かさないことも大切です。

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェック道路における危険防止の措置

道路上での二次的、三次的な事故を防止するために、事故をしてしまった車の移動、

路上の散乱物の除去、周りが分かるように標識の設置などをします。

ただし、警察が来るまでは、事故現場を証拠として保全しておくことも必要なので、

もし動かしたりする場合は、携帯等で写真を撮っておきましょう。

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェック警察への届出

警察への届出は、どのような事故であったとしても、必ず報告しなければなりません。

軽い転倒だけだったとか、車同士の衝突でたいした傷が残らないからと、

警察への届出がない場合、後になってムチ打ちなどの後遺症がでてきたり、

車の修理が必要になっても、事故によることを証明できなければ

自動車保険は使うことが出来ません。これに違反すると、3ヶ月以下の懲役または

5万円以下の罰金となります。

(道路交通法119条)

任意の自動車保険に加入している場合は、保険会社にも早めに事故の報告をしましょう。

(事故後60日以内に通知しておかないと保険金が支払われない場合もあります。)

 

 

では、実際は現場ではなにをしたら良いのでしょうか?

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェックまず警察を呼ぶことです。

警察が来ると、現場の実況見分が行われます。なので、警察が来るまでは

現場はできるだけそのままの状態にしておく必要があります。

車の位置関係、道路のタイヤ痕・スリップ痕、事故現場の見通しはどうだったのかなどを

把握しておく、可能なら携帯などで写真を撮っておくといいです。

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェック次に、もしこの事故の現場を目撃した方がいる場合は、必ず警察の実況見分に

立ち会ってもらえるか頼んでみましょう。

利害関係のない目撃者の証言は警察にとって信頼が高く、客観的な目で状況を

説明をしてもらえるので、より公正さを得ることができます。

 

 

嵯峨太秦常盤交通事故弁護士・チェックそして、この話によくでていた実況見分調書ですが、これは人身事故の場合、

警察が現場検証を行い作成する書類です。

どのようにして今回の事故が起こったのか、当事者双方も事情聴取されます。

自分の意見は冷静にきちんと伝えることを心がけましょう。

負傷して救急車で搬送されたため、相手の立会いのみで実況見分調書が作られる場合も

あります。

双方の言い分が異なり、後日トラブルの元になると予想される場合は、

こちらの立会いでの調書も作成してもらえるように、

できるだけ早めに警察に申し出ましょう。

 

 

京都市右京区常盤交通事故・ハートこのように交通事故に遭った場合、まずやることと言っても頭ではわかっていても、

気持ちが動転していて考えられないことが多いので、一番にケガの方がいないかと警察を呼ぶこと。

特にこの二つはおぼえておいてください。

 

京都市右京区にあるときわ整骨院は交通事故の専門院です。

一人一人にあった専門的な治療をおこなっていますので、交通事故で悩まれた際は

ご連絡いただけたらと思います。